新聞・フリーペーパー
バンコク週報
タイの日本語紙。確実なタイの情報が手に入る。
バンコク・ポスト
タイ英字紙の顔。
ネイション
アジアの英字紙。
KUENSEL
ブータン唯一の英字紙。
星日報
シンガポールの日本語紙。
DAKO
バンコク発のフリーペーパー。安定したクウォリティーを誇るタイ・フリーコピーの第一人者。
koko
バンコク発のフリーペーパー。一時期ライターが女性陣で固められ、サブカルチャー情報に徹していて、個人的にとても面白く読ませていただいた。
タイ自由ランド
3面記事的な記事内容に特化し始め、おもしろい展開を見せる。
バンコクウォーカーズマップ
バンコク発のフリーペーパー。旅行者を対象としての紙面づくりをしている。
ウォーカー・オンライン
上海の日本語フリー・ペーパー。
マンゴスティン・クラブ
シンガポールのフリー・ペーパー。かつてはタイでも発刊していたが、現在こちらは廃刊。
日馬プレス
マレーシア発の日本語フリー・ペーパー。ページ数が多く読み出がある。
南国新聞
マレーシア発の日本語フリー・ペーパー。興味を引く記事が満載。
週間シンガポール
シンガポールの日本語フリー・ペーパー。
bc
香港の英字フリー・ペーパー。
ホットナム
ヴェトナムに関する日本語フリー・ペーパー「サイゴン・スケッチ」も生まれ変わった。
雑誌
a day
katchの後を継ぐような、今のバンコクを代表するポップな紙面!
ハロー・タイランド
日本語によるタイのイエロー・ページ(電話帳)。シンガポール、マレーシア、台湾版もある。
まるごとタイランド
老舗のバンコク発刊雑誌。写真が美しい。
Gダイアリー
特にバンコクのナイトライフについて。
メトロ
定番の月刊バンコク・シティー・マガジン。街の情報はここで。
書店
アジア文庫
東京・神保町にあるアジア書籍の総本山。
タイ東京堂書店
タイの日本語書籍店。
日本の出版社
めこん
良心的なアジア研究所出版を続けている。
アジア・ウェーブ
もと「東南アジア通信」。月刊になって内容が変わったが、あいかわらずアジアの情報発信基地に定点。
地球の歩き方
言わずもがな、個人旅行書の定番。
旅行人
バック・パッカーに絶大な支持を受ける。「旅行人ノート」は必要情報が過不足なく収まった必携書。

◆ 「アジア・リンク集」表紙に戻る   ◆ トップ・ページに戻る








SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送