ショッピング
マーブンクローン・センター(MBK)
バンコクのショッピング・センターをひとつだけ、と言われればやっぱりここになるのだろう。庶民の味方であるのが嬉しい。以前に比べるとずいぶん垢抜けしたが、ごった煮のような魅力はまだ残っている。キー・テナントの東急はもはや日系には見えない。
サイアム・パラゴン
BTSサイアム駅のど真ん前、インターコンチネンタル・ホテル跡に登場と同時にタイきってのショッピング・センターとなった百貨店。サイアム・センター、サイアム・ディスカヴァリー、エンポリアムとおなじく、ザ・モール系列である。
セントラル・ワールド
旧ワールド・トレード・センターがセントラルの傘下に入って大変身。バンコク市街地では群を抜く敷地面積を誇る。キー・テナントは伊勢丹とZEN。
サイアム・センター
サイアム・ディスカヴァリー・センター
サイアム駅の中核ショッピング・コンプレックス。サイアム・センターはブランド・ショップの宝庫。ディスカヴァリーはよりハイソ。
エンポリアム
BTSプロンポン駅前にあるハイソ(?)な百貨店。在住日本人の多い地域ゆえ、日本人もご用達。
シーコン・スクエア
バンコク東部の一大ショッピング・コンプレックス。ロビンソンとロータスがキー・テナント。
パラダイス・パーク
かつて大丸の入っていたセーリー・センターが生まれ変わって、最新型郊外ショッピング・コンプレックスに。
フューチャー・パーク
バンコク郊外北のランシットと南のバンケーにある巨大ショッピング・コンプレックス。ランシットはバンコク最大の総売場面積を誇る。
伊勢丹
セントラル・ワールド・チッドロムのキー・テナント百貨店。こちらは日本の百貨店らしい雰囲気を残している。ここの紀伊國屋は日本書籍を扱っている。
セントラル
BTSチッドロム駅そばにある百貨店はセントラルの総本山。ワールド・トレード・センターはここの系列となった。
ザ・モール
ラームカムヘーンやタバでおなじみの百貨店。MBK(マーブンクローン・センター)、サイアム・センター、サイアム・ディスカヴァリー・センターとインター・コンチネンタル・ホテル跡に建設中のサイアム・パラゴンはここの系列となった。
ロビンソン
セントラル・グループの百貨店で、セントラル自体よりは庶民派的ポストを担っている。地方都市にもよくある。
カールフール
フランス資本の総合スーパーマーケット。
ビッグC
セントラル・グループの総合スーパーマーケット。
ロータス
イギリス系の総合スーパーマーケット。バンコクでの大型スーパーの走り。
フジ・スーパーマーケット
タイ初の日系スーパーで、日本人御用達。スクンヴィット33/1のほか、ソイ・プロンポン、ソイ・プロムスリ(小型店舗で、「エクスプレス」の名がつけられている)、ソイ49に支店あり。
ヴィラ・マーケット
フジ・スーパーに次いで日本人に人気のスーパーマーケット。なぜか在バンコク日本人の間では「ヴィラ・スーパー」という呼び名が定着している。ワインやソーセージなど、欧米ものも充実。
マックスヴァリュー
日本でもお馴染みのイオン系スーパー。タイではどの店舗でも24時間営業で、小型店舗は「マックスヴァリュー・タンチャイ」の名を用いている。
トップス
セントラル・グループのスーパーマーケット。ここも地方都市でもよく見かける。
フードランド
24時間営業スーパーの老舗。
セヴン・イレヴン
お馴染みセヴン・イレヴンは、タイでも急増中。
Kヴィレッジ
スクンヴィット・ソイ26奥、カールフールの隣にできた専門店街。
漢神百貨
台湾・高雄の総合百貨店。日本の阪神百貨店の台湾版だが、ハイソ志向。
新光三越
台北駅向かいの摩天楼にも入っている台湾の百貨店の代表格。
伊勢丹シンガポール
オーチャードではスコッツ、オーチャードの2軒を構える。
ロッテ・デパート
韓国を代表する百貨店。
ウェブ・モール
TOMYAM
タイを中心としたウェブ・モール。情報も充実。

◆ 「アジア・リンク集」表紙に戻る   ◆ トップ・ページに戻る








SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送